LEXUS、ラグジュアリー・クロスオーバーSUV「RX」刷新 新たにPHEVラインアップ

2022年11月22日 7時03分
LEXUS、ラグジュアリー・クロスオーバーSUV「RX」刷新 新たにPHEVラインアップ

システム綜合出力371psの新開発ハイブリットシステム「2.4L-T HEV」+6AT+電動四輪駆動力システム「DIRECT4」を搭載したPHEVの「LEXUS RX500h F SPORT Performance」 価格900.0万円

 レクサスは、ブランドを牽引するラグジュアリーなミッドサイズ・クロスオーバーSUV新型「RX」を11月18日に発売したと発表した。

 LEXUS RXは、1998年北米にてラグジュアリー・クロスオーバーSUVのパイオニアとして誕生。2005年には「RX400h」を発売し、SUV市場に初めてのHEVモデルを導入した。ラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、優れた走行性能と環境性能の両立を追求。1998年の販売当時から2022年9月末時点までで、世界約95の国と地域で累計約362万台を販売。LEXUSのコアモデルとして、世界中の多くのユーザーに支持されて進化を遂げてきた。

 次世代LEXUSの走りやデザインを追求し、全面刷新した5代目新型「RX」のコアとなるキーポイントは以下のとおりだ。

 走りを予感させる踏ん張り感のあるスタイルと独自性を追求した次世代LEXUSデザインの採用。エクステリアデザインは新たな走りを予感させるLEXUSの独自性を追求した「スピンドルボディ」と呼ぶ塊感のあるボディと、冷却機能を両立するフロントグリルが一体となった造形とした。ディメンションは旧型とほとんど同一の全長×全幅×全高4890mm×1920mm×1700mm、ホイールベース2850mmである。

 また、新たな四輪駆動力システム「DIRECT4」を採用し、走る楽しさを追求したハイパフォーマンスモデルを導入した。走りを追求したパフォーマンスモデル「RX500h F SPORT Performance」は、ドライバーの意図に忠実な走りを支える四輪駆動力システム「DIRECT4」を搭載。リヤアクスルに高出力モーターeAxleを搭載した新開発ハイブリットシステム「2.4L-T HEV」とした。

 その他、多様化するニーズに応える多彩なパワートレーンとして、電動化技術による新たなドライビング体験を実現し、クラストップレベルのEV航続距離と力強い加速性能を実現する「2.5L PHEV E-Four」(RX450h+)、低燃費と気持ちの良い走りを実現する「2.5L HEV E-Four/FF」(RX350h)、トルクフルでダイナミックな走りを実現する「2.4L-ターボ AWD/FF」(RX350)をラインアップした。

 そして、最新の予防安全機能やマルチメディアシステム、コネクティッドサービスを網羅した。価格は664.0万円から900.0万円。(編集担当:吉田恒)

  • HOME
  • ニュース
  • LEXUS、ラグジュアリー・クロスオーバーSUV「RX」刷新 新たにPHEVラインアップ