総務大臣に松本剛明元外務大臣が就任

2022年11月22日 7時00分

 寺田稔総務大臣辞職に伴う、後任大臣に松本剛明元外務大臣が就任した。岸田内閣の閣僚交代は短期間に3人となった。

 岸田文雄総理は21日「総務大臣は地方の財政、税制、情報通信など重責を担う大臣。これから先、地方交付税法を始めとする補正予算関連法案、来年の当初予算編成、マイナンバーカードの普及、地方の活性化、デジタルインフラの整備、自治体と協力したコロナ対策など、重要な課題に取り組んでもらわなければならない。松本大臣に、こうした課題にしっかり取組んで頂きたい」と期待した。

 また、相次ぐ事実上の更迭による大臣交代による政権運営や国会審議への影響に関する受け止めを記者団に聞かれ、岸田総理は「今回の閣僚辞任について、私自身の任命責任について重く受け止めています。山積する課題へ取組みを進めていくことで職責を果たしていきたい」と語った。

また「今後の国会運営については国会の御判断に委ねなければならないと思いますが、政府としては審議促進のために、補正予算あるいは重要法案の早期成立のために全力で最大限の努力をしていきたい」と述べた。(編集担当:森高龍二)