気候変動、AIなど議論主導で成果と岸田総理

2024年5月8日 6時47分

 岸田文雄総理はフランス、ブラジル、パラグアイなど訪問後の内外記者会見で、今回の成果について、OECD(経済協力開発機構)閣僚理事会での議長国として「変化の流れの共創というテーマの下、気候変動、デジタル・AI(人工知能)、自由貿易、経済安全保障等の課題について議論を主導した」と振り返った。

そのうえで「今回、特に安全安心で信頼できるAIの実現に向けた取組みを強化するため、49か国・地域の参加を得て『広島AIプロセス・フレンズグループ』の立ち上げを発表できたこと、脱炭素社会の形成に向けた閣僚対話をOECDと共に立ち上げられたことは重要な成果と考えている」と述べた。

 岸田総理は「OECDの強みは民主主義と市場経済という共通の土台を持つ38か国がメンバーとなり、さまざまな分野でのルールやスタンダード形成を行っている点にある。また2000人を超えるエコノミストを擁し、その豊富なデータや分析力も強みだ」と述べた。

 またフランス・マクロン大統領との首脳会談での成果について「ウクライナや中東、東アジア情勢等の国際情勢についてじっくり議論を行うとともに、2国間関係については日仏部隊間協力円滑化協定、いわゆるRAAの正式交渉開始という具体的な成果を発表することができた」と強調した。(編集担当:森高龍二)

  • HOME
  • ニュース
  • 気候変動、AIなど議論主導で成果と岸田総理