盛山文科大臣の更迭「しない方がおかしい」

2024年2月22日 6時58分

 立憲民主党の福山哲郎元幹事長は20日「(宗教法人を所管する文部科学省の最高責任者である文科大臣に旧統一教会(世界平和統一家庭連合)関係団体と)選挙で関係を持ち、支援を受け、そのことを隠し続けていた(盛山正仁文部科学大臣を)岸田文雄総理が更迭しない方がおかしい。(盛山文科大臣不信任決議案が)なぜ否決なのか」とXで強い疑問を呈した。

 不信任決議案は20日の衆院本会議で自民、公明、維新など反対多数で否決された。福山氏は旧統一教会に対し解散命令を請求している文科省の責任者である文科大臣に盛山氏は相応しくないとして「自ら辞めるべき」とするとともに「岸田総理が更迭しない方がおかしい」と指摘した。

 福山氏は19日には「解散命令請求に関して、東京地裁が今週『審問』手続きに入ります。盛山文科大臣は担当大臣として問題。更迭しない岸田総理も無責任が過ぎます」と疑問視していた。岡田克也幹事長も20日、不信任案否決の結果に「驚きを禁じ得ない」と呆れるとともに更迭しない岸田総理の姿勢を非難した。(編集担当:森高龍二)