クマと人間社会「共生図ることが基本」環境大臣

2024年2月13日 7時33分

 伊藤信太郎環境大臣はクマによる死傷事故が相次いでいることからクマの指定管理鳥獣に関して「絶滅の危険がある四国を除き、4月中にクマ類を指定管理鳥獣に指定することになると思うが、クマ類を絶滅させてはいけない」と強調。「クマ類と人間社会の共生を図るということが基本だ」とクマの捕殺が目的ではない旨を述べた。2月13日から省令改正案について「パブリックコメント」を募集する。

 伊藤大臣は「(棲み分けの境界を再構築する)ゾーニング管理、広域管理、順応的管理の3つの管理を推進してクマ類と人との空間的な棲み分けを図り、人間社会との共生を図る。指定管理鳥獣に指定したことによって必要な措置の中に捕殺も入り、それに対する財政支援も入るが、そこだけをピックアップするということではなく、人とクマ類が棲み分けられ、共生していけるようにしなければならない」と「人身被害をなくすことが目標」で「クマを捕殺することが目標ではない」旨を強調した。

 伊藤大臣は財源に関して「2024年度予算案の中にも指定管理鳥獣のための予算が組み込まれていると思う」とし「24年度に関してはその中で必要な財源を振り向けていくことになる」との考えを示した。

 伊藤大臣は「自治体によるクマ類の個体数などのモニタリング、人の生活圏への出没防止のための環境管理、必要な捕獲、人材育成など『捕獲に偏らない被害防止の取組みを』地域の実情に応じ実施していただく」としている。(編集担当:森高龍二)

  • HOME
  • ニュース
  • クマと人間社会「共生図ることが基本」環境大臣